車を落札してから 第四夜

正確には第五夜ですが、実質動いてないのでまぁお気になさらず。

今日は張り切って軽自動車検査協会へ行ってきました。
親父の車で近くのスタンドで灯油を一缶買っていきました。
ところが、住民票を取るのを忘れてたので、区役所までとんぼ返りする羽目に…

まぁ灯油は関係ないんですけど。

<ここまでの出費>
300円
 住民票とるのにかかりました。正確には住民票複写というやつみたいですね。
 公共機関に提出する奴だし、もし「ないから無効」といわれてもうざいので
 本籍や続柄も表示しといてもらいました。あんまし関係なかったみたいだけど。
300円+こないだの40円=340円

んでもっかい軽自動車検査協会へ。
書類の書くとこがわかんないので、受付のおねえさんにお尋ねしたら
丁寧に教えてくださったので、そのとおり書きました。
書類OKだからナンバー返納してきてね、といわれて
変な機械に旧ナンバーを乗っけて
出てきたシールを書類に貼って
そんで提出して待つこと10分少々。
確かここで新しい車検証もらいました。
んで向こうの窓口行ってくださいね。
って感じで違う窓口行って
お金払ってナンバー頂きました。
はえーね。
リサイクル料金は前オーナーが払ってあったし、
価格の中に含めてくださったので
おいら殆ど出費なし。
普通車と違って軽は自動車税の還付とかないらしいので
軽自動車税は次の支払いまでOKみたいで。

<ここまでの出費>
 ナンバー代1440円
 え?こんだけ!?的。
 440円+1440円=1880円!


ちなみに俺のケースは
本当にお金のかからないケースみたいで
自動車取得税も古い車だからかかんないし
リサイクル料金も支払い済みだし
軽はさっきも言ったみたいに登録時には軽自動車税は払わんでいいらしいし。

まぁでもこれで車体は俺のものになりました。
役所が近いなどの好条件もあったものの
こんな感じみたいですよ。
暇さえあればそんな手間なことではないですね。


これではれて自分名義の車になったということで
任意保険の見積もりを取ってみました!
ところが…
・個人間の名義変更などの場合は取り扱ってない、
 という保険会社もあるようです。
 ⇒保険とか何も知らないので、そんなんあるの!?って驚きました。
   TVで最近よく見るCMのとこです。販売業者からの車両情報に基づいて
   業務を行ってるらしく、業者を介してないとだめなんだって。なるほど。
・わりと簡単に改造車扱いにされるぽい、
 んで断られることもある。
 ⇒インチアップとかは気分でできちゃうもんだと思い込んでたので
   (それがおかしいのか?)インチアップで改造車と言われ、
   しかもお取り扱いできませんといわれると結構悲しい。
   車検証に改造車って書かれるほどの改造じゃなくても
   保険会社によっては改造になるんですって。
・結構値段が違う。
 ⇒これも驚きなんですけど、8万未満から12万近くまでありました。
  なんで!?て思いますよね。CMじゃないですけど、
  ♪てんてれれん、でこんな変わっちゃう。
  大体条件は同じに設定したんですよ?
  対人無制限、対物無制限、搭乗者1000万、人身傷害保障3000万
  くらいの条件は一緒なんです。
  恐らく細かい条件が最初からセットされてたり、色々あるんでしょうね。
  結構注意しないと、事故ったときに泣きがはいるかもしれません。
  弁護士特約なんかは見積もりで聞かれなかった会社もありましたし
  そんなオプションはねぇ。ってこともあるんでしょうね。
  ちなみに車両は入ってません。
  壊れたら…   
  保険で一番気をつけないといけないのは
  事故対応みたいです。
  身内が事故ってて、対応がよかったなら
  その保険に入っちゃうのがいいかもしれません。
 

ちなみに今日は車庫証明のための電話もしたんですけど
担当者お休み…まぁしょうがない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車を落札してから 第三夜

今日はナンバーもらいに行ってきました!

正確にはナンバー、車検証、自賠責証明書です。
これがないと手続きができませんから。

こちらの持ち物は
きのうもらった書類
くらいですかね。相手さんにハンコと署名を頂くために
持って行ったらよいと思います。

それと
大体個人取引なんかだと、
ここで取引が無事終了するまで保証金を預けるみたいなんで
領収書を用意するといいかもしれません。
3万円以上のやりとりですと
収入印紙が必要になるそうなので
三万円以下に抑えたほうがいいみたいですね。
相手を疑うわけではないですけど
願掛けみたいなもんでしょうか?
信頼するためには少しの手間くらいは必要ですよね。

  三万円超えるとかかるの?
  だったら三万円以下で何枚もきればいいじゃーん

てなりますけど、印紙税法とかに引っかかりますので俺は知りません。
大きい買い物するときはそんな小銭けちってもろくなことないですよ。
何かあった後で証拠として提出したら印紙税法違反です
とかいわれるかもしれないですからねえ。
三万円未満の適当な額でいいんでないでしょうか?

今日はそんな感じです。

でも、俺の取った方法は
現車持ち帰るときに自賠責がつくっていうメリットの反面
二回も相手さんに予定を合わせてもらわないといけないという
デメリットがあります。
友人に積車もってる人がいるなら
積んでもらってくるほうが速いですけどね
そんな奇特な友人はいませんし。
自賠責なしで走ると、もしもの場合、自分のみならず
相手さんにも迷惑がかかることがあるので
運転に自信の無い俺はこの方法にしましたよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

車を落札してから 第二夜

行ってまいりましたよあちらこちらに。

チャプター1
 朝起きて、最寄の警察署へ。
 交通課の窓口で「軽自動車の車庫証明の書類下さい」という旨を丁寧にお伝えすると
 あっさりとくれました。ここであれこれ聞くと、丁寧に説明してくださいました。
 どうもこの地域では、車庫証明を受理してもらうためには車検証も一緒に持ってこないといかんらしい。

<ここまでの出費>
 0円
  交通費はけったのため果てしなく無料
  書類はうちの近くの警察では無料でしたよ。

チャプター2
 近くだったからついでに行ってみた区役所。
 住民票、印鑑証明などの手数料、必要書類をきいてきた。
 住民票は免許とかの身分証明書
 印鑑証明は印鑑手帳が必要だって。
 どちらも手数料は300円程度

<ここまでの出費>
 やっぱ0円

チャプター3
 家に帰って駐車場の管理会社に
 「駐車場貸して」という旨を丁寧にお電話。
 折り返し電話で返答を頂いた。
 なんでも最初に半年分一括で収めてくれとのこと。
 車庫証明のためだけに借りて野良化するのを防ぐ意味があるのかもしれんが
 予想外の出費になりそう。
 しかも手数料取られるし。
 手数料取るなら書類しっかり書いていただこう。
 
 ついでに軽自動車検査協会に電話して
 「住民票と印鑑証明どっちがいるん?」という旨を丁寧にお尋ねしたところ
 「印鑑証明あればいいよ」と教えてくれました。
 なんでも聞いてみるもんだな。
<ここまでの出費>
 電話代くらい。基本0円。
 近日10万近い出費。


チャプター4
 交通費けちりながら軽自動車検査協会へ。
 山奥。
 山を越え、山を超え。
 書類をもらえる窓口がわかりやすいところにあるので直行
 窓口のおっちゃんに
 「住民票と印鑑証明どっちがいるん?」という旨を丁寧にお尋ねしたところ
 「法人は印鑑証明いるけど俺のケースは住民票だけでいい」
 って
 どっちなん?
 とりあえず書類を購入
 はんこ押す場所まで説明してもらった。

<ここまでの出費>
 40円
  書類40円だったよ。


俺の場合、相手も所有者で使用者
俺も所有者で使用者になる予定
っていう一番簡単なケースなもんで
意外ととんとん拍子に進んでます。

しいて言えば、駐車場の管理が
大家さんから管理会社に移ってたのが厄介。
大家さんだと何も言わずに印鑑押してくれるはずだから
手数料とか何?て感じになる予定だったんですけどねえ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

車を落札してから 第一夜

せっかく車を落札して、
自分で全ての手続きを行うことになったので
今日から手続き完了して自分の車になるまでのことをBlogにつけとこうとおもいます。

もしかしたら、これから軽自動車買って自分で名義変更する人の役にたつかもしれんじゃんね!

というわけでちょっと書いてみますね。


参考にしたのはこのサイトです。

http://car.alamode.tv/kei.html

明日は、軽自動車検査協会に行って書類をもらってきます。

http://www.keikenkyo.or.jp/

そのついでに大家さんに電話して車庫を契約します。

そんじゃ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)