なんか凄い夢を見た

気晴らしに行ってきた買い物で
コムサコミューンのコートを3600円で拾ったもんで
めちゃめちゃゴキゲンだったんですけど
古着屋特有の埃っぽさに喉をやられて帰ってきてすぐ寝ちゃったんですよ。

   コムサコミューンて、アニメみたいなマネキンとか、面白い小物とか
   なんか異彩を放ってていいなぁと思うんですけど、
   まともな値段で買い物したくないんですよねぇ。
   俺のキャラじゃないし。

そんで、久々に夢を見ました。実は初夢(?)
図書館らしきところに俺と俺の友人たちがわらわらしてまして。
先輩が図書館の机一面にたくさんの紙を広げてなんか書いてるもんで
近くで見てみたら、
なんか小説を書いてるらしいんですけど、
文章を書いてる原稿用紙以外にめちゃくちゃたくさんのフローチャートみたいなんを広げてるんですよ。
なんか各登場人物ごとに性格アルゴリズムみたいなものをあらかじめ作っていて
このセリフを言った後はこういうセリフしか出ないとか
この状況ではこういう行動しかありえないとか
こんだけ言われたらブチ切れるからこうなるとか
そういうのをある意味シミュレートしてるみたいなんです。
他にも何種類かあったから、それをもとに小説を構築してるのかもしれないですね。

いや、小説なんか書いたこと無いから、どんな風に書いてるかなんて俺知らんし
こういうことやるのが当然なのかもしれんのだけど
えいやって鉛筆もってひたすらまっすぐに
だっだかだーって書き進めるものだと思ってたんで
え!こんなことすんの?
と思った次第でございます。


あと、夢から覚めたばっかりなのに
なぜか左手の指がギター弾いたあとみたいに堅いのがようわからん。


何?
紅白マーティーが鈴木亜美のギター弾いてたの?
あの曲のとき音響酷かったよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GCUIってどうだろう。

GUCCIのスペル間違えたわけじゃないよ。
ぐらふぃかりぃ・きゃらくたー・ゆーざー・いんたーふぇいす
略してGCUI

実際のところ、GUIのアイコンの絵ってのは
下の文字があってはじめてそのアイコンが何のアプリケーションなのかわかるわけじゃんね。
   (まぁ、二回目以降はパッと見で発見しやすいって利点があるのかもしれんけど。)
だったらいっそのこと文字だけ表示してくれたほうがわかりやすいんじゃないだろうか、と。

もちろん、PC使い慣れた俺らにはどうでもいい話なんだけど
PC使い慣れてない人からしたら
word、IE,OUTLOOKって文字付きのアイコンよりは
「文章を書きたい」
「ネットで調べ物したい」
「メールの受信がしたい」
って書いてあるほうがわかりやすいじゃんね。

あ、これ何とかウィザードってやつ?

まぁそうでもあるんですけど、タスク遂行に必要なもの以外を
可能な限り隠そうっていう意味もあったり。
マイコンピューターのアイコンとか、マイネットワークのアイコンとか
IEのタスクバーとか、普段は気にしなくていいものがたくさん表示されてるじゃんね。
そういう普段必要ないものはもう全て隠しちゃうわけさ。
今でも結構隠れてますけど
もっと。
TUKAのシンプルケータイ並みに。


あんまし関係ないけど
パソコン使いにくい、わかりにくいってことで
ユーザーフレンドリーなユーザーインターフェイスの研究なんかありますが
パソコンが使いにくいことの最大の原因って
「何か間違ったことしたらこわれるんじゃないかしら」
っていう初心者病も原因の一つのような気がします。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

何でもいいから街に出よ

今日はオフの日なのです。
そう決めたから。
給料日直後の休日なので浪費しまくるために出かけました。
ネタを大量にしいれてきたのでしばらくネタ切れはないな。

まずCDやでFEEDERとジミーイートワールドを探し回る。が、ない。
栄~大須をかけずり回って探すもない。
なんでかな?
ジミーイートワールドってわりかしメジャーじゃないの?

なんかね、グレイテスト・ヒッツっつー中古CDやがあるんですけど
掘り出しものだらけなもんで買いまくってしまったよ。
ben folds / SUPER D:630えん
GARBAGE / breed like me:840えん
the smashing pumpkins / machina/the machines of god:735えん
the Cure / bloodflowers:840えん
the hives / your new favorite band:945えん
UA / 11:なんと525えん

安くね?
どれも微妙に1000円超えしててもいいような盤だと思うんだけどね。

あと、ヤマギワの中古やで
ジャケ買いした
sing sing / the joy of sing sing
ってのがすげーヤバイね。

あと、はじめてフレッドペリーの正規店で買い物したんだけど、
会員になっちゃった!
カタログとか送ってきてくれるらしい!
めちゃうれしいのだが。
ポイントカードはフレッドペリー着て買い物するとポイント二倍らしい!
そらもう着て買いに行きますて!!


パルコがらっと変わりましたね。
個人的にはヴィヴィアンとランバンがメンズで入ってたのが驚きでした。
ヴィヴィアンは・・・気になるけど入れない・・・
ランバンは・・・店員のおねぇさんからして世界がちげー・・・

フレッドペリーは、デザインもさることながら
その歴史に惹かれます。
ドラゴン桜でハセキョーがフレッドペリーばっか着てるからなんでかと思ったら
衣装協力してるんですね。

フレッドペリーいいよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

導線を引け

自分のためにメモっとく。

エラーメッセージはなぜエラーのコードまで出しといて
その先の対処法のヒントをくれないのだ?
それくらいググってなおせん奴には説明してもわからんからあきらめろ
ということか?

でんじろう先生は面白いけど、
面白いで終わっちゃうのがテレビのいけないところ
それじゃ科学にたどり着けない。
しゃぼん玉作ってオシマイ。
イントロダクションでおわっちゃだめ。

導線を引くことが
エモーショナルデザインにも大事。

というか
導線を引くことがそもそもデザインなのではなかろうか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

情報解像度

ということについて暫く考えていこうと思います。
うまくいえないけれど
同じものをふたりの人がみたときに
その人によって解像度が違って、だから違うものに見える、
っーのかな。
俺が勘違いしていなければ、それは記号論(学?)で
四分の一くらいはわかるはずなんだよね。
あとの四分の三はやってみねーとわかんねーやぁ。

これが何の役に立つかといわれるとなかなか難しいのですけど
情報発信のしかたに影響を与えるんじゃないかと思います。
あと、情報受信のしかたにも関わるんじゃないかと思います。
インプット/アウトプットと括ってしまわないのは
括ってしまうことに違和感を感じるからなんですが、
何の違和感なのかはよくわかりません。

なんだかやかん研究がとんでもない方向に飛んでますけど
これもやかん研究から派生してるんですよ、一応…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

でこんすとらくしょん

下のTBのエントリーで
「ちゃぶ台返し」とか言ってたやつが
デリダの脱構築というやつと似ている気がします。

ジャック・デリダという人が死んだ日、
たまたま新聞の片隅にその記事を見ていて、それ以来
脱構築という言葉が気にかかっていたんで
暇なんで勉強してみようと思って。
たまたま借りた本を数10ページよんだあたりで出てきた
脱構築の説明と似ているなぁ。と思ったんです。
ほんとに似てるのか?
勉強します。

前にどっかで書いたけど
そもそもデコンストラクションという言葉の響きが好きです。
これは脱構築とは関係ないんですけど、
コンストラクションがエネルギーの集積なら
デコンストラクションはエネルギーの発散、て感じがします。
発散しているのでエネルギーを感じるじゃないですか。
それがなんか音楽の駆り立てる衝動みたいなものとかぶるんです。
体内に蓄積したエネルギーと、曲というフォーマットに構築されたものを
フォーマットにのっとりつつ、フォーマットを崩していくエネルギーの発散。
そのエネルギーをリスナーとして浴びる俺。

えとつまり
曲って定型のものに見えて、不定形じゃないですか。
場合によっては違うソロ弾くし、
歌のリズムをはずしてタメてみたり
大げさな場合、スカコアアレンジで全然違う曲みたいになっちゃうとかね。
でも、できたときはやっぱそれなりの形がありますよね。
どこまで変えると別の曲になるのかわからないですけど
自身をたえず変化にさらしてるという点ではデコンストラクションしているというか何というか…

わからんくなってきた。

また別の話なんですけど
壊れてゆくときのはかなさみたいなのも好きです。
やっぱりそれも
集約されたエネルギーの発散を感じてるのかもしれないなぁ。
さくらの花は、咲くと同時に散り始めてるんだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんかおもしろくね?

ケータイ屋さんは通信ではもうからなくなるから次の手に打って出て
ライヴドアが通信業界を荒らしにかかってきてるみたいだねぇ。
電話もホントに定額制サービスになるんでしょうか?
するとどうなるんだ?
オサイフ機能付き確実につながる携帯端末と
(もはやサイフと音楽とホットラインのためだけに存在)
たまにトラブルとかあるけどそれは仕様だから勘弁してくれよ的無責任端末と
二台持つ時代がくるのでしょうか?
普段はスカイプでんわで
急用は旧携帯会社の端末で
みたいな。


むしろ両方ともモバイルみたいなののアプリになって
使うときに切り替えて使えばいいじゃんみたいになるのかなぁ。
半分PCみたいな携帯だらけの世の中になるのでしょうか?
どうなんでしょう?


つか
Skypeはライヴドアが握ってるらしいですがよいのですか?
もう100万人くらい使ってるらしいですね
すっかり乗り遅れた。

Skypeはなんかあんまり欲のない会社みたい。
強欲な人たちに囲まれてたいへんだねぇ。

あとさ
無線LANエリアって、ややこしくてうざいの。
東京メトロはどこら辺で電波が取れるの?
電車の中?
そうじゃなきゃ構内で座り込んでネットすんの?
どこでもさっと繋げて
「りょうきんとりますけどいいですか?何分いくらですよ?」
って表示だけして
あとでプロバイダー料金といっしょに請求とかにしてくださいよ。
たまにしか使わないのに無線LANにおかね払うの嫌ですもん。
だからってカード買いに有楽町のビックカメラまで行くのも嫌ですもん。
大須みたいにタダ電波だだもれがいいです。


あれだね
もう
i-podにSUICAとSkypeがつきゃあいいんだよ。
FMチューナーじゃなくて無線LANカード

ああもうめちゃくちゃだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

意識することからすべては始まる(2)

>観察するには対象が必要で(当たり前だけど)
>対象を発見したときに観察がはじめられるのですね。

と前回書きまして
先日県美術館で
自然をめぐる千年の旅
を先生達と見に行って少しインスピレーションを得たので追記します。
が、まだメモ段階です。まとまりません。

恐らく
デジタル、アナログという概念ができたことが私たちの認識のシステムを変えてしまった
ということを言いたいのだと自分では感じています。
とっくに誰かが言ってるのだろうけど。

つまり、我々はデジタルという概念を知らなくても、
デジタル的な「ある・ない」の二分法でものを認識しているけれど
認識とは別にアナログ的に記憶しているような気がするのです。

例えば、
<ある風景を見せられて、その後でさっき見せた風景の絵を描け>
といわれたとき、
意識して、認識していたものはすぐに描けますよね。
食卓ならテーブル、その上のりんごはすぐかける。
だけど、果物かごに入っていたりんごの下のモノは
意識していないからしっかり描けない。
でも、そこに何かあることは記憶してて、
記憶の風景の中にはそれはあると思うのです。

りんごやテーブルは、あったことさえ覚えていれば
パターンマッチングとか何とかで
「そこにあったテーブルらしきテーブル」や
「そこにあったりんごらしきりんご」
を描くことができますよね。
というのも
テーブルであると意識していれば
板の下に支えるための足を描かなければならないことや
板の形を見た時の板の形で描かなければならないことなどは
ほぼ自明じゃないですか。

なんか、人間ていうものは
長い時間をかけてものの構造や特徴を情報化して認識する
という思考方法に進化してきたのかな
などと思ったのです。

何が展覧会と関係あるかといいますと
源氏物語絵巻を見たときに思ったんですが
すだれや火鉢、屏風なんかは凄くリアル(というか特徴をとらえて)描いてある
のに対して、人間はすべて「ひきめかぎばな」で
手や足の大きさ、かたちなどはほぼ同じように見えたんです。


バイトいかなかん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

意識することからすべては始まる。

何かをつかみかけてます。
しかしまだ考えとしてまとまっていないので
わかったことだけ書いてメモリます。
観察するには対象が必要で(当たり前だけど)
対象を発見したときに観察がはじめられるのですね。

だからなんだ、あたりまえじゃん、
て、ここに何かがある気がするんだって!
ロボットにとって最も大変なんは
対象を認識することだって話ですよ
バスケットのゴールにボールを入れるために
弾道計算してそのように投げるのはロボットにとっては難しくないが
入れる対象のリングを認識するのは難しいそうな。

///
対立する議論の混濁した流れを自分のほうに持ってくるために
「ちゃぶ台返し法」
というものを思いつきました。
対立する議論の乗っかってるフィールドごとひっくり返す正論が見つかれば
乗っかってる議論はすべてうっちゃられて
対立することで自己の議論のアイデンティティを確立してた人は
アイデンティティを喪失して迷走するっていう…
俺一人勝ち的。

じゃあフィールドがないといかんやんて話ですが
たいていあるって。
対立する議論の一個下の概念がそれです。

んで、これが何なのって?
知りません。思いつきだから。
大体、これとこれで議論しなさいって言われてるのに
そもそもこれとこれで議論すること自体がおかしい
なんて、あんた空気嫁って話になりかねない。
(というか、大抵なる。)
でもまぁ、なんかしらんが喋り捲る
頭悪い俺みたいな奴を一瞬黙らせるには
有効かもね。
だって、俺は困るもん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)